なたは、これからのマーケティングで
必要なものは何だと思いますか?

Twitter、FacebookなどのSNSでしょうか
それともYoutubeなどの動画と思いますか?

実はこれらも、とても重要なものなのですが、
あくまでもツールなのです。

やはりこれからは、シニアを対象にした
マーケティング
「シニアマーケティング」
僕はお奨めします。

シニアマーケティングを行うには
やはりシニアのことを理解して
いかなければいけません。

そこで、シニアの老後の三大不安
「健康」、「お金」、「孤独」について
お話します。

まずは、老後の「健康」
一番気をつけているのは
やはり血圧ですかね。

50歳すぎると血圧が高いって
健康診断を受けると急に不安になって
しまいます。

血圧が健康のバロメーターみたいな感じになり
定年後もやはり気になる数字です。

で、僕も血圧計を先日買ったのですが
1回使ってそのまま人にあげてしまいました。

本当は、毎日計っていた方が
変化が分かり安心なのですが、
なんか自宅で測ると正確な数字が出てないのでは?
と疑問を持ってしまい、1回で終わったのです。

「健康」について
健康雑誌が書店でたくさんの本が
出版されています。

読者はほとんどシニアです。

こういう健康雑誌から
シニアマーケティングに活用できる
情報やヒントがたくさんありますので、

一度読んでみてくださいね。

シニアの方はこんな悩みがあるんだと
出版社が取材した生の声がありますので、
とても参考になりますよ。

次に「お金」

こちらも老後資金は
いくら必要か?
あるいは、定年前から貯めて
老後に備えるなどの書籍の種類は豊富ですね。

年金がもらえるかどうかという不安
もありますので、読者も多いのでしょう。

あるお医者さんの話では
今の医療技術の進化でいくといずれ
平均寿命が150歳になると言われていました。

ベストセラーのLIFT SHIFTの本でも
同じようなことが書かれていましたので
多分平均寿命は150歳になるというのは
まんざら嘘でもないような気がします。

仮に平均寿命は150歳になったとしたら
健康の不安やお金の不安を
どうしていいかわからなくなりませんか?

僕も今54歳
あと約100年間をどう過ごして
いったらいいのか?って想像もつきませんよ。

ますます不安になっていきます。

そして、最後に「孤独」

居酒屋などで
たまに見かける

ご年配の紳士数名が
楽しく飲んでいる姿はいいですよね。

会社にいる間は、
「孤独」って感じることは
あまりないでしょうが、

やはり定年退職をすると
自宅にいることが多くなり
友人もいないというケースが多いみたいです。

居酒屋で飲まれている
紳士の方々は、とてもうれしそうに歓談され
お酒とお食事を楽しまれていました。

それに定年後は、
今では、少なくなった年賀状が
年々減っていく寂しさもあるみたいです。

ネットでは、
シニアのコミュニケーションサイト
なども立ち上がって登録者が多く
仲間とかかわっていたいという。

そして、シニア向けの転職サイトも
登録者がどんどん増えているようです。

自宅でじっとしているより
やはり仕事をして仲間といる方が
楽しいですからね。

働いているシニアは、
会社に勤めていれば、
健康診断もでき、給料ももらえます。
そして仲間もいて孤独感はないです。

まとめますと
シニアマーケティングの定義とは
出来るだけ多くの
シニアに「健康」、「お金」、「孤独」の三大不安を
少しでも解消してあげられるか?
ということなのです。