3月も今日でおわり
平成30年もあっという間の3カ月でした。
最近、年齢のせいか?

特に毎日があっという間に過ぎている
感じがしています。

東京では、桜が葉桜に
なってきて、こちらも例年より早い気がします。

今日は、シニアマーケットで、
DMとインターネットは連動は必要であるについて、
お話ししていきます。

これを読むことであなたは、
シニアマーケットに有効な
メディアがDMとインターネットである
と理解できます。

僕が言いたいことは、
これからのシニアマーケットは、
DMとインターネットを活用することが
大切だということです。

シニアにとって、今まで情報はマス媒体で集めていたが、
最近では、インターネットの情報も気にはしている。

ご存知のようにらくらくスマホなど
スマホの普及率も高くなり

各地で、シニア向けスマホの勉強会が
開かれているようだ。

そうなるとインターネットの情報も
目にするようになり、
ニュースなどであれば
信用される。

しかし、ショッピングとなると
詐欺サイトなのか本物のサイトなのか?
の区別は難しいようです。

そうなるとネットショッピングに
躊躇してしまうシニアなのです。

また、申し込み方法が
難しいものであれば
途中で離脱してしまうことも多くあるようです。

これからのシニアマーケットでは、
インターネットを無視できないですけど

シニアの顧客を獲得するためには

電話番号を大きくショッピングサイトに掲載する
文字を大きくする
それにダイレクトメールでフォローするということで、

シニアマーケティングで成功する方法
だというのが分かります。

そこで、
重要なポイントは3つあります。

1、1人に対してストーリーを語る

2、明確に何をしてほしいか?を伝える

3、DMとウェブサイトのデザインを似せる

シニアには分かりやすく
そしてDMで信頼をつかみ

ネットショッピングの利用もできるように
なります。

そうすれば、今までシニアの顧客を
DMだけに頼っていたものが、

さらにウェブ上でもコミュニケーションができ、
新しい顧客も獲得できるようになります。

すでにインターネットでビジネスをしているのでしたら
ぜひDMの活用を試してみてください。