シニアマーケティングの神開です。

先週とはうって変わって
今週は風が強く
ほんとうに寒く感じましたね。

群馬は、本日曇りで結構肌寒いです。
思わず暖房を入れてしまいました。

僕もそうですが、
こういう時期、風邪をひきやすいので
早く休むようにしています。

季節の変わり目は
体調を崩しやすいので
ご用心ください。

では早速本題に入ります。

今日は、

シニアマーケットはビジネスイノベーションに最適

について、お話ししていきます。

これを読むことであなたは、
ビジネスモデルの革新にはシニアマーケットさ最適
であると理解することができます。

僕がいいたいことは、シニアマーケットは
新しいビジネスモデルを創造するのに最適なマーケット
であるということなのです。

例えば
遠隔地の家族をつなぐIoTデバイス
「まごチャンネル」を開発・販売するチカクは、
野村アクセラレータープログラム「VOYAGER(ボイジャー)」
を利用して新事業を野村証券グループの
このプログラムにより共同開発しました。

野村証券といえば
金融業界でも大企業ですが、

ビジネスモデルをイノベーションするのに
パートナー企業と共同で新事業に取り組んでいます。

チカクは、野村証券のビジネスプログラムで、
4億1000万円も調達できたそうです。

野村証券としては、
顧客との話題は金融商品だけだったのが、
この「まごチャンネル」で

顧客接点に「家族とのコミュニケーション」
という価値が加わり、営業活動の改善、
さらには顧客満足度の向上がみられたということです。

金融商品といえば、若い人より
シニアマーケットになりますよね。

顧客との接点に関して言えば
難しい金融商品の話より

お孫さんの話題で、シニア顧客にリラックス
していただいておくと

難しい金融商品の説明も
聞いて頂きやすくなりますよね。

シニアマーケットで
重要なポイントは3つあります。

1、お孫さん

2、コミュニケーション

3、生活を豊かにするサービス

シニアマーケットでビジネスイノベーションを
行うには、この3つのことをシニア顧客のために
考えておいた方がいいですね。

そうすることによって、
これから拡大するシニアマーケットで
売上を拡大することができるようになります。

あなたも、今のビジネスで、
シニアの生活を豊かにするサービス出来ないだろうか?少し考えてみてください。

ちなみに
野村アクセラレータープログラム
「VOYAGER(ボイジャー)」の情報はこちらです。

http://accelerator.nomura.co.jp/index.html

専任のサポートの方もいるので、
アイデアが生まれたプログラム参加に
申し込むこともできるようです

いかがでしたか?

あなたの「ここがもっと詳しく知りたい!」
「起業したいけど何からすればいいの?」
というかたも、こちらから
お気軽にどうぞお問い合わせください。

info@tmcg.org

*神開隆一が読ませていただいて、
返信させていただきます。

またこのブログが役に立つなあと
感じていただけましたら

あなたのブログ、FACEBOOKやTWITTERなどで
ご紹介いただけますと、とてもうれしいです。