シニアマーケティング広告代理店の神開です。

4月も終わりに近づき
待ちに待ったゴールデンウィークが始まりました。

あなたは、この休みの間
何をされますか?

旅行・家庭サービス・
あるいは、仕事でしょうか?

天気もいいようですので、
お出かけするのも楽しいですよね。

僕は、子供も大きくなり
どこかに遊びに行くというこっとはないです。

で、買ってまだ開いてない本を
読んで、何かビジネスのヒントになるものが
あればいいなあと思っています。

今、読み始めたのは
「スティーヴ・ジョブズ驚異のプレゼン」
という本です。

やっぱり事例があると読みやすいですね。

読み始めてすぐに感じたことは、

常に彼は顧客目線で
商品開発していたのだと分かりました。

シニアマーケティング戦略においても
同じようにシニアの目線で
戦略を立てていかなければいけないのです。

今日は、
将来のシニアマーケティング戦略
について、お話ししていきます。

これを読むことであなたは、
これからのシニアマーケティング戦略の
情報を得ることができるようになります。

僕が言いたいことは、
目先のシニアマーケティング戦略ではなく
将来のシニアマーケティング戦略を
考えていく必要があるということです。

目先のシニアマーケティング戦略では
高齢化率の上昇に追い付けないというデーターがあります。

2020年には、50歳以上の人口比率が
日本の人口の50%になるという予測が出ています。

ということは、単純にスライドして計算すると
2035年には65歳以上のかたが
約50%近くになるということですよね。

シニアマーケティング戦略で
重要なポイントは3つあります。

1、社会保障費の財源

2、介護の人材不足

3、健康寿命

未来のシニアマーケティング戦略を
立てることです。

そうすれば、シニアマーケティングの戦略を立て
新しいビジネスを作ることができますよ。

あなたがシニアマーケティング戦略を行うには、
10年先、15年先を見据えて戦略を練っていきましょう。

いかがでしたか?

あなたの「ここがもっと詳しく知りたい!」
「起業したいけど何からすればいいの?」
というかたも、こちらから
お気軽にどうぞお問い合わせください。

info@tmcg.org

*神開隆一が読ませていただいて、
返信させていただきます。

またこのブログが役に立つなあと
感じていただけましたら

あなたのブログ、FACEBOOKやTWITTERなどで
ご紹介いただけますと、とてもうれしいです。