コラム

シニアの購買環境と動機

2020.08.09
シニアマーケティング

今、テレワーク、在宅で

仕事をさている方は 昔の労働環境に戻れるか? きっと心配していることでしょう。 人は環境が変わることを とても嫌いますので、これからのい新しい環境に なれることにもきっと時間がかかるでしょう。 そして、マーケティングや購買にも これからの環境が影響してくるのです。

シニアの適切な購買環境

 

シニアの購買環境を知り、 マーケテイングに生かせるようにしましょう。 マーケティングは顧客の購買環境を理解することで 成功に近づくのです。 キャッチコピーを考えるとき グーグルが提供しているグーグルトレンドも 役に立つのですが、アマゾンのレビューはもっと役に立ちます。 アマゾンのレビューを見ていると 顧客の購買環境や心理がよくわかります。 そして、シニアの購買環境を知ることで、 シニアマーケティングを成功させることができます。 さらにシニアの購買環境をもっと知るには 顧客を訪問し、取材することです。 ポイントは3つあります。 1、購買者との接触  2、アフターフォロー 3、話を聞く 顧客との接触こそが 顧客の購買環境を学ぶいい機会です。 顧客の話に耳を傾けると きっと素晴らしいアイデアが生まれます。 あなたが思うように 販売戦略のアイデアが出ないようでしたら 顧客を訪問し取材してみるのです。 でもそこで、売り込みをしてはいけません。 顧客の話に耳を傾けましょう。

シニア消費者の購入動機

 

シニア消費者が購入する動機を 学ぶことも、シニアマーケティングで 優位に立つことができます。 一定数の消費者は、価格の安いものを 購入するが、シニアの消費者の多くは 価格以外の基準で購入を決定するのです。 若い人の多くは、日本製に こだわらないし、いくら通販が人気でも ネットショッピングでは、 安いモノしか買わない。 しかし、シニアの購買の決定は ある一定数の方は、 安い商品を探そうとするが、 自分になじみのある商品 以外には手を伸ばさない。 自粛ということで 日頃行かなかったスーパーに 買い物に出かけると スーパーの商品の表記には、 国産という言葉が書かれている モノが多く見かけられます。 国産と表示されているだけで 多少高くともほかの商品に比べ 早く棚からなくなるようです。 シニアの購買決定の 重要なポイントは3つあります。 1、紹介 2、ブランド 3、日本製

シニアマーケットの 通販広告

 

でもっとも多い表記は 安心の日本製です。 特に口にいれるものや 肌に触れるものは 特にその傾向があります。 シニア顧客は日本製と 書いてあるだけで安心するのです。 今でもマスクの購入は どんなに安かろうと海外製品よりも 日本製を求めるシニアの方は 多いようです。 海外に頼らない メイドインジャパン製品を もっと日本のマーケットに 普及していきたいものです。 日本製と表記するだけで シニア顧客の反応は期待できます。 今後商品開発をするには、 日本製にこだわって シニア顧客に販売していきましょう。

 

関連サービス
  • 同封広告
    同封広告
  • 同梱広告
    同梱広告
  • 雑誌・雑誌貼り込み広告
    雑誌・雑誌貼り込み広告