コラム

男女別シニアマーケティング

2019.03.30
シニアマーケティング

今週は久しぶりに 大阪、広島と営業に出かけました。

東京に比べ桜はまだ つぼみの状態でしたが

来週にはきっと 桜は見ごろの時期になるでしょう。

営業の合間に立ち寄った 大阪城近辺は、平日でも観光客が

集まっていましたね。

 

海外の方も多いですけど やっぱりシニアの方も 結構いらっしゃいました。

今日は、営業の時にふと思いついた

男女別シニアマーケティング

について、お話させていただきます。

 

これを読むことであなたは、 男女別シニアマーケティングでの 媒体を区別することができます。

僕が言いたいことはズバリ…

シニアマーケティングで 男性はネットショッピング 女性はテレビショッピング がメインになりそうだということです。

先日商談している際に クライアント様から

やっぱりシニアは 新聞や雑誌媒体ですよね

と聞かれたので、 そうですね シニアの媒体といえば やはり紙媒体などの マスメディアがまだまだ 集客としては、一番いいですねと答えました。

それから 今後はネット利用者も増えてきますので 対策はとっておいたほうが いいみたいですよと アドバイスさせていただきました。

 

ところで、シニアって何歳からですかね との質問もあり

メディアによっては 大体65歳以上のところですが 中には50歳以上のところも ありますよって

いいながら そうだ僕も57歳でシニアなんだと ふと思ってしまいました。 ということで 将来のシニアマーケティング でおすすめの媒体はなにか?

シニアの僕の経験から 男性は絶対アマゾンなどの ネットショッピングになる。

特に男性は気が短い?(僕のことです)傾向に ありますので、納期重視という点では

やっぱり アマゾンかな

女性の場合は ネットに強い方もいらっしゃいますが、

うちの奥さんも そうですが、どちらかというと もっぱらテレビショッピングですね。

結構弊社のお取引先様からも 買わせていただいているようです。

 

僕も奥さんも50歳以上の シニアですからこれは結構当たっている

 

じゃないかと思いますが、 どうでしょうかね? そのほかには ダイレクトメールですかね。 やっぱり販売とわかっていても ついつい中を見てしまいます。

これがこれからのシニアの 特徴になると思います。

僕の家だけかなと 思っていたけど 周りの友人に聞いても 同じような傾向にあるようです。

もちろん雑誌や新聞などでも 興味を引く商品が出ていますので 広告をじっくり読んで、

おそらく僕と同年代かそれ以上のシニア であれば、新聞、雑誌で物を買う 人は多いでしょう。

 

重要なポイントは3つあります。

 

1、男性のほうが職場などでネットサーフィンする機会が多い。

2、女性は自宅でテレビを見る機会が多い。

3、シニアもスマホの保有率でガラケーを超えてきた。   

     (スマホでショッピングができるようになってきた)

 

シニアマーケティングでは ターゲット区分しメディアで絞ってみる 

 

 

そうすれば費用対効果も よくなります。

あなたもシニアの男性を顧客として 集客したい場合はネットショッピングに 力を入れ、

女性を集客したいのであれば テレビショッピングおすすめです。

でも予算が限られている場合は 男女シニアの顧客を集客したい場合は、 新聞や雑誌はまだまだ活用できます。

 

忘れてならないのはせっかく お金をかけて集めた 顧客や見込み客様には

 

できるだけ多くの ダイレクトメールを送って 顧客との関係を作っておくことです。 ダイレクトメールは 僕のようなシニアは 開封してきっと読みますからね。

販売チャンスは ぐっと上がります。

DMの開封は 営業マンのドアを開けてもらう のと同じことですからね。

 

 

神開隆一のメルマガ
神開隆一のシニアマーケティングメルマガの購読申し込みは、こちらから登録いただけます。メルマガ登録していただいた方には「TMCニュースレター入門」(PDFデータ 24ページ)を無料でお渡しします。
神開隆一のメルマガ
関連サービス
  • 新聞広告
    新聞広告
  • SEO対策・インターネット広告
    SEO対策・インターネット広告
  • DM広告
    DM広告