ラチナ人材バンクってしってます?
超少子高齢化・若年労働人口の減少に対し、
シニアを中心とした人材派遣をする会社です。

プラチナのように色褪せず、
輝き続ける人たちを一人でも多く増やすことを
目指しているとのこと

いいですね。確かにシニアより
プラチナの方がブランドイメージが
高いように感じます。

「プラチナ人材」という言葉も
とてもおしゃれに感じませんか?

プラチナ人材の特徴というと、
まずは、経験豊富で人脈もあり
短時間労働でも、一生懸命責任を持って
仕事をされるイメージがあります。

そして、人材バンクに登録されているシニア
50歳以上のプラチナ人材は、

オフィスワーク事務、経理から
新規開拓営業支援そして、
SEのプログラマーまで出来るようです。

今後は企業にとって
プラチナ人材の中から探すほうが、
いい方が見つかるかもしれません。

将来的にも見て
今のミレニアム世代20,30歳代の方は
食生活や医療のおかげで、
平均寿命が100歳になると言われて
います。

定年が100歳の時代が来るかどうか?
分かりませんが、

その年代に近い定年の
雇用制度になると企業も
さすがに体力が持たないですよね。

定年延長を辞め、逆に早めて
第2社会人として50歳から
働くというのはいかがですか?

これからは、
プラチナ人材バンクは
将来性があるビジネスになるのでは
ないかと思います。

なぜなら、
海外の方や若い人を
一から教えるより

社会人としてのマナーもあり、
即戦力になるし、

又、人脈をお持ちの
方もいらっしゃいますから

プラチナ人材バンクなどの
シニアの人材派遣会社で
活躍する方が増えていきますよね。

もちろん、
実績が上がれば、

現役社員より
ずっと給料が高くする
営業の会社もあると思いますから

そうするとシニアでも
ある程度給料がもらえれば
使えるお金も増えるし、

そう考えるとシニアマーケットは
さらに魅力的になりますね。

きっと、将来のシニアマーケティングは、
もっと拡大していきますよ。

ほとんどの企業がシニアマーケティングを
ターゲットにする時代も
近いような気がしてまいりました。

今のうちに
シニアマーケティングを調査するには
弊社開発プログラムOAP
役に立ちます。

そのプログラムは、
成功報酬だから

顧客が取れない限り
掲載料はかからない
雑誌広告と封入広告なのです。

現在、シニアの中でも
インターネット、スマホ
が普及していますけど、

まだまだシニアの情報収集は、
新聞や雑誌です。

紙媒体は、
信頼性が高いメディア

部数が減ったと言われる
雑誌や新聞ですが、

インターネットの記事と違って、

そこには記事を書いた
ライターの名前も載っていますので
責任感をもたれて書かれています。

名前を出している
Twitterなどでは、少しでも
変な内容だとすぐに炎上してしまいますから
匿名の記事が多いです。

そうすると
好き勝手に書いてある記事もあり
インターネットの信頼性が
さらに疑わしくなってきます。

つまり今はまだシニアは、
インターネットの情報を
あまり信用していないということです。

そういう意味では、
シニアマーケティングを
調査出来る一番の媒体は、

雑誌や新聞、それに同封同梱広告の
紙媒体ではないかと言えるの
ではないでしょうか?

神開隆一