ょっと前
このブログで
書籍は、シニアの起業に役立ちますと
お話ししました。

今年、アマゾンで売れたビジネス書
ベスト10が発表されましたので、
一部お知らせします。

1位は未来の年表
人口減少日本でこれから起きること
(講談社現代新書)のようです。

この本は読んでませんが
多分タイトルで判断して、買わなかったと思います。

商品広告と一緒で
本のタイトルも魅力的でなければ
振り向いてくれないかもしれません。

でも1位ということは
きっと内容は素晴らしいのでしょう。

僕は、このベストテンの中で
2位 LIFE SHIFT
8位 伝え方が9割は
読みました。

何故この2冊を読んだかというと
LIFESHIFTは、これからの
人生を考える上で、役に立つかなと
でも長文と翻訳が面白くないのが欠点ですかね。

政治家の方もこの本を
推奨しているようですが、

もう年金なんかあてにせず、
100歳以上俺たちのために
働いてくれって嫌味に聞こえたのは
僕だけでしょうか?

ところで民間も公務員もは
定年があるのに
何で政治家はないのでしょうか?

不思議に思ったことは
ありませんか?

ネットでもいろいろ議論されていますが
ある程度の年齢になれば、
海外に行くのもつらく
プライベートジェットが欲しい
なんていいだす方もいらっしゃるようですから、

これって税金で
買ってくれってことですよね。

言っていいことと
悪いことの区別がつかないほど
判断力が鈍っているのなら
政治家やめた方がいいような気がします。

余り政治の話は
したくなかったのですが、
どうも最近景気が良くなったといって
税金だけ上げるアベノミクスが
信用できなくなりました。

申し訳ありません
かなり横道それてしまいましたので、
本題に戻します。

「伝え方が9割」は、
人とのコミュニケーションが苦手なのを
克服しようと思って読んだのですが、
まだ、伝えたいことを
うまく伝えることが出来ていません。

ベストテンの中には、なかったのですが
冨田和成さんが書かれた

「鬼速PDCA」と「営業」は
自分の中で、
ビジネスのバイブル書になっています。

正直この2冊があれば
起業はそんなに難しくはないように
思うほど役に立つ書籍です。

まだ、読まれてない方はぜひ
本屋で立ち読みしていただき
手元に置きたい本と思われたら
買ってみてください。

僕も正直少し立ち読みをして
すぐに購入し、今でも
迷った時は、読み返しています。

本って、2回3回と読むと
新しい発見があるものですね。

小林照子さんという女性が
書かれた
「これはしない、あれはする」
の中で

「人はいくつになっても、新しい人生をはじめられる」
ってすばらしいメッセージがあり

これからの時代の
生きるヒントが詰まった1冊です。

シニアから起業する心構えを
本人の体験談を通し
かかれているので、

シニア起業家には、
お奨めの1冊だと言えるでしょう。

最後に
僕自身の2017年と2018年の抱負を述べて
今年最後のブログにいたします。

2017年は色々学ぶことが
出来ました。

方眼ノートトレーナーの資格
商標を3つ取り
メルマガをほぼ毎日書く
ブログは1週間に1回は更新する
年間50冊本を買って読んだ(ほぼビジネス書)
マインドマップ、フュチャーマッピング
コーチングを受けたり
書籍の分析ツール(もう少しで完成します)
日本マーケティング協会会員になった。
マクドナルドがどうやってV字回復したか!

でも2018年は行動の年に
したいものです。

鬼速より具体的に
2017年の10倍速で行動をしていく
と目標を立てています。

これから残り2日間で
どうやって10倍速で行動していくかを
計画いたします。

今年1年お世話様になりました。
来年も懲りずにブログ更新していきますので
どうぞよろしくお願いいたします。