よいよ明日は、父の日です。
いや楽しみですね!

でもシニアといわれ年を取っていくと
物忘れが激しくなって
悲しい面もあります。

あっそうだ!忘れてたということが
相当増えていますし、

最近は、え~っそんなこと言ったっけ
なんて社員に言うことも増えています。

実はこれ僕のことです。

そこで、このままじゃいけないと思い
グーグルカレンダーに記録したり
手帳で管理したりしています。

基本何か予定が決まったら
すぐにグーグルカレンダー
に記録しておく。

そして、毎朝それをみて
当日のスケジュールを手帳に移す。

そのマニュアル化で今日やることを
見逃すことが少なくなりました。

シニアにとっては
グーグルカレンダーは本当にありがたい
アプリですね。

そして、最近つくづく思うのですが
中小企業の社長ってやること
めちゃありますよね。

総務、経理、営業まで
こなさなければいけないのです。

人が入ったっら社会保険の手続き
辞めたらその解約手続
在職者の出勤簿の管理
給料の手配

経理なら
資金繰り、入出金管理

営業だったら
新規開拓、
既存のクライアント様のスケジュール管理
請求書発行まで、

ほとんどの中小企業のオーナーが
やっていることなんです。

しかし、それをマニュアル化
することによって
あなたの負担を
軽減することができます。

あなたの自由時間が増えます。

まずは、経理関係、給与関係は
すべて外注の方にやっていただき

総務関係は社労士さんに
お願いする。

大手起業では自社で
すべて分業化され仕組化されています。

中小企業でもその仕組化を
やる場合には外注で
出来るだけやってもらう
事が必要ですね。

外注するにはある程度
自分の業務を仕組化しておかなければ
いけません。

そうすると
ほとんどの業務が
引き継ぎできます。

誰でも出来るように
マニュアル化することです。

今残業することは
悪だという世の中になってきています。

時間内で終わらないから
残業するわけですが

売り上げを落とすわけには
いけない中で、
残業してはいけないとなると
一人の作業の効率化をしていかないと
いけません。

業務をマニュアル化して
いくことは、これからの中小の
会社には必要になってくるでしょう。

そして、そのマニュアル化により
シニアでも働ける
会社が増えてくるかもしれません。

このマニュアルに従って
業務を進めてくださいと
言われた今のシニアであれば
忠実にやっていける方が多いと思います。

マニュアル化=シニアの働き場所
という流れができそうです。