ニアを対象にした
起業応援セミナーなどが
各地で開かれていて
多くの人が参加されているようだ。

日本の企業のほとんどが
まだ、現状60歳が定年である。

しかし、年金の支給開始は
65歳からとなり、これからさらに
支給が遅くなることも
予想されている。

まずは、あと5年間どうしようと
考える定年をそろそろ迎える方には
悩みの種だ。

自営業であれば
定年はないが、企業では
役員だったりその会社にとって
よほど大切な存在で
なければ在職することは
難しいだろう。

健康寿命も長くなってきているので
何か世の中で役に立てることはないだろうか?
と考えられる人もいる。

そんなシニアには
自分の経験や知識があるので、
ビジネスチャンスは大いに
可能性がある。

起業を始めるには
自分の強みというものを
持っていなければいけない

シニアの場合であれば、
企業に勤めている間
それなりの経験と知識を
積んでいることは

起業を始める上で
その経験と知識は
自分の強みとして
アピールできる。

そして、その強みを知ることは
起業をするうえで
とてもに大事なことなのだ。

ビジネスは競争であり
どんな業界でも得意分野が
なければ生き残ることはできない。

だから起業する場合は、
あなたの強みを見つけることから
始めるべきである。

そして、その強みをどんどん
アピールしていくことだ。

起業する、会社を経営する
成功している企業は
強いところを上手に
アピールしている。

これからは、個人事業主が
増えてくる.
ビジネスのジョイントを考えよう

すべてあなたがやるのではなく
(おそらく限界がある)

WEBの制作であれば
一から勉強して作るのではなく
専門家に任せることも必要だ。

個人事業主が増えてくると
さまざまな業界との
パイプを作っておくことも
必要になってくる。